読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kotonoha_pcg@気ままに雑記

kotonoha_pcgが気分次第で様々な事を書き置きます.別館:http://tukdua.hatenadiary.jp/

debianでBMS

雑記 音ゲー

 約1週間振りの記事です、今年入ってからだとかろうじて書いてる程度ですが。。。この時期だと殆どの同期は自由登校でのんびりやってそうですが、自分はそうはいかないようです。せめて卒業式出ような。

 では、今回の記事はほぼタイトル通りです。AngolmoisというBMSプレーヤがあって、それがソースコードを入手できればプラットホーム問わずBMSが遊べそう、というのを某wikiで見、入れてみようかとなりました。そもそも、BMSやるならWin機でいいじゃん、となるのは確かだし親のとはいえWin機は管理しているのですが、タッチパッドがアレだったりボタンやキーボードにプレイしていて面倒な箇所があったので、メインのDebian機にしました(Win機ではLR2で何曲かプレイしたけど、変なボタンやキーボードが当たったりして快適ではなかった)。なお、BMSは本当に始めたばかりでクソ以下です。

Angolmois

 AngolmoisっていうBMSプレーヤ。直ぐ実行できるようなWinの.exe形式、ソースコード等が詰まった(zip?)形式の両形態があることで、WinのみならずOS XLinux複数のプラットホームで使用できる。

用意したもの

まず、
Angolmois | mearie.org Projects
から、ソースコードを入手

  1. インストールするdebian
  2. 各種ライブラリ

1はそのままなので省略。2については、端末での操作記録があるのでそれを貼り付けます。

su

apt-get install pkg-config
Y
apt-get install libsdl1.2-dev
Y
apt-get install libsdl-image1.2-dev
Y
apt-get install libsdl-mixer1.2-dev
Y
apt-get install libsmpeg-dev
Y
make

必要なライブラリ類であるpkg-config,sdl,sdl-image,sdl-mixer,smpegのそれぞれをapt-getで入手。その後Angolmoisを解凍した当該ディレクトリの同じ階層内でmake。これでコンパイルが出来て、実行可能形式になる。

 操作については、同じ階層内にあるreadmeを読めば良いとして、外からダウンロードしてきたデータについて。これらは、解凍した後に/home/自分のユーザ名/解凍したソースコードのディレクトリ/test/内に、フォルダごと突っ込む形で問題無しでした。

参考動画

www.youtube.com

感想

 正直言って、Linux系でまさかBMSができるとは思ってもいなかったのでなんか嬉しいです。ACの方のⅡDXも好きになりたいとか思いました。

参考サイト

ソースコードの入手
Angolmois | mearie.org Projects
SDL等のインストール関連
SDLのインストール | へたれblog
Angolmois関連、最初に訪れて「やるか!」ってなったサイト
2012-12 doubledepth

ではまた次の記事で。